Archive for 日本のブランド

05 4月 2013

サマンサタバサと有名人モデル・セレブマーケティング

No Comments 日本のブランド

Samantha.jpg


日本のファッションについて、いくつかのリサーチを行っているある日サマンサタバサを見つけました。剛史は、このブランドは日本で非常に人気がありアメリカでも同様に知られているようだと私に教えてくれました。
早速このヨーロッパでは全く人気の無いブランドがなぜ日本で大騒ぎされているのかを調査する為(私は残念ながら日本語を読むことができないので)彼らのアメリカのWEBサイトからリサーチを始めた。アメリカのサイトで陳列されているバッグは私の個人的な好みでは無いものの、ある程度のマーケットがあると理解できます。ティンズリーモーティマーによってデザインされたコレクションは、シンプルなデザイン、革、ココプリント、キャンバス布、が使われています。

果たして本当にこのブランドが人気を博しているのか半信半疑のまま、私は日本のWEBサイトに移動:ショック!!!私の目前でパソコン仕事に没頭していた剛史は私の悲鳴で椅子から飛び落ちました!ピンク背景のフロントページ、写真の背後にランダムに表れる趣味の悪いきらきら輝く星。そしてこの世で最も非現実的なイメージの日本人セレブモデルの写真がお花畑の中心に取って代わって映しだされます。バッグ自体はどうかって?もし私の娘がそれら買おうとしたら絶対に阻止しようとするでしょうが、百歩譲るとしたら私はこれらのデザインを妥協する可能性はあるでしょう。スライドショーはそこで終了しませんでした。幸運にも、私はペネロペとモニカクルスと同時により洗練された同じブランド製品を持つティンズリーモーティマー(米国サイトで紹介されたデザイナー)を見ることができました。

ホームページ上での最初のショック後、私は他にどういったデザイン存在するかオンラインショップ上ブラウジングを続けました。目の前に映し出される光景を脳で処理している最中、私の口は信じられない勢いで開き、瞬く間に開いた口がふさがらない状況に!前面にぶら下がる毛皮のリボン、(どうして?)怒っているテディベアとウサギとバッグ、ミニーマウスとデイジーは安価に作られて無造作に取り付けられた(あるいはそう見える)プラスチックのような質感のバッグ、花柄で有名な英国のブランド等を連想させる花柄ショッピングバッグ。

このサイトの全てが100円ショップにいるのではないかと私に感じさせた。(ディズニーとテディベアコレクションのバッグに3万円台という価格を除く全てが!)私の感覚では、勿論12歳以上の女性はこれらのアイテムを買わないだろうと思うし。それ以下の年齢層がこんな値段を支払うというの?日本で一体何が起こっているの?

たった数人のセレブのイメージによって、世の中の女性はこのような商品に大事なお金を使うのでしょうか?なぜでしょうか?ヨーロッパでの日本のイメージは非常に美しいミニマリズムのエレガントさ、商品の本当の良さが分かった趣味が良い市場というイメージがあります。どんな方法でセレブマーケティング手法が日本人女性を洗脳しているのでしょうか?個性や趣味の良さはどこにいったのでしょうか?私たちの社会(特に日本は)はなぜマスメディアによって支配されているのでしょうか?私は女性の誰もがフォロワーではなく、私達は個人の好みのよってアイテムを選ぶのであって、超非現実的なセレブ達が好むべきと教えるものを選択するでのは無いことを信じたい。
私は理想化でしょうか?もし宜しければこの記事へのコメントや、これから投稿するFacebookの質問で、私たちは未だ「自分の選択肢」をコントロール出来ていると教えて下さい!

マリア
コロレスオブスペイン